075 女王国の城/有栖川有栖

女王国の城 (創元クライム・クラブ)


読了・・・してしまった。
15年ぶりのシリーズ新作。先が気になってどんどん読み進めたい気持ちと、
ページ数が減っていくごとにもう終わりかという寂しい気持ちもあって。


メインの謎解きに関しては深くは言及すまい。
さすが有栖川有栖といったところ。

このシリーズの長編は5作で完結と決まってるらしく、
4作目である今作ではだいぶ締めに入ってる印象だった。


しかし次でラストかぁ・・・・・・。
すぐに読みたい気もするが、
また15年ぐらい待ちたい気もする。

074 アフターダーク/村上春樹

アフターダーク (講談社文庫)


名古屋遠征中に読了。
印象としては長編というより中編といった感じ。
ページ数じゃなく位置づけ的になものね。
初期の作品と比べると最近のはとてもわかりやすいっていうか、
例えるならばTVドラマとかの原作に成り得るんじゃないか感じがする。
面白いです。結局何なんだって気もしますが。

まとめてどーん。

070 バッテリーⅢ/あさのあつこ
バッテリー 3


071 バッテリーⅣ/あさのあつこ
バッテリー〈4〉


072 バッテリーⅤ/あさのあつこ
バッテリー〈5〉


073 バッテリーⅥ/あさのあつこ
バッテリー 6 (6)


 面白かったです。新幹線の中という他にやることがない状態だったとはいえ、
話にのめりこんでました。


まぁ、
「ピッチャーかくあるべし」
みたいな精神論めいたところはちょっとくどい気もしましたが。
どっちかっていうと主人公バッテリーより
ライバルの門脇や瑞垣の心情の描写がとても絶妙でそっちの方が読んでて楽しかったです。
もう少しこの作家の作品追ってみようかな。

もうとうに1年は過ぎてしまった。

66 バッテリー/あさのあつこ
バッテリー

67 バッテリーⅡ/あさのあつこ
バッテリー〈2〉

68 板尾日記/板尾創路
板尾日記

69 板尾日記2/板尾創路
板尾日記 2 (2)


京極夏彦の後巷説〜も買ったんだけど、まだ手をつけてない。
来週新幹線の中で読むかな。

まとめてどーん。

63 きまぐれロボット/星新一
きまぐれロボット


64 そのときは彼によろしく/市川拓司
そのときは彼によろしく


65 夜のピクニック恩田陸
夜のピクニック




感想は気が向いたときにでも。
最近はmixiに読書感想書いたりして、自分内ルールが曖昧になってきたな。

061・062 スロウハイツの神様(上)(下)/辻村深月

スロウハイツの神様(上) スロウハイツの神様(下)


 久方ぶりの100冊読書ですよー。

猟奇的なファンによる小説を模倣した大量殺人事件から10年。筆を折っていたチヨダ・コーキは見事復活し、売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスタートさせた。しかし謎の少女の出現により…。

てなわけで辻村深月の新作です。
デビュー作から読み続けているせいか、
今回は伏線がほとんど読めてしまいました。
過去作に比べると、ミステリ要素もほとんどないし
今作は事件という事件もなく極端な悪意を持った人も出てこないという
わりに優しい物語です。
相変わらず魅力あるキャラクター、そして読ませる文章。
後半の疾走感はさすがです。
そろそろシリーズものとか書かないのかなーと期待してみたり。

060 覘き小平次/京極夏彦

覘き小平次


アマゾンの説明より。

手前は陽炎の如く消えたくとも消えられず、無様に齢を重ねる廃者。薄膜一枚の紙風船。中はがらんどうで御座います―死んだように生きる幽霊役者と、生き乍ら死を望む女。襖戸の隙間からの目筋とこの上ない嫌悪とで繋がり続ける小平次とその妻・お塚。かれらを軸に語られるのは、生者たちの忿恚、悲歎、嗜慾、愛憎…当代随一の戯作者の手によって、山東京伝の名作怪談がいま、甦る。第16回山本周五郎賞受賞作品。



 この100冊読書にはまだ書いたことないはず。


てなわけで読了。おそらく3回目か4回目。
元となっている怪談話をまったく知らないので比較して楽しむとかはできないけど、
まぁおもしろい話です。
結局のところ小平次は何もしておらず、周りがわーわー言ってるだけなのだがそれでも読ませる内容なのは流石。
ちなみに同じ出版社から出てる「嗤う伊右衛門」は装丁も似てて、既存の話を基にしてるという共通点もあり
さらには展開も結構似てるところがあって読み比べてみると結構面白い。
どっちの作品にも巷説百物語シリーズの登場人物が出てきてそれもまた楽しい。
ちなみに伊右衛門では又市、小平次では治平が出てきます。


というか、俺の友達で好んで本を読む人達の大半が京極夏彦を敬遠してるので悲しい。
ここで声を大にして言いたいのだが、どうか装丁のおどろおどろしさや分厚さにだまされないで欲しい。
下手なほかの小説よりよっぽど分かりやすく読みやすいから。ホントに。